美容皮膚科

再生医療

細胞や人工的な材料を積極的に利用して損なわれた機能の再生をはかるものです。

再生医療とは・・・

『再生医療』とは、機能障害や機能不全に陥った生体組織・臓器に対して、細胞や人工的な材料を積極的に利用して損なわれた機能の再生をはかるものです。

当クリニックにおける再生医療のご案内

●自己脂肪由来幹細胞治療(第二種再生医療)
●PRP(自己多血小板血漿)治療(第三種再生医療)
●不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液

自己脂肪由来幹細胞治療

幹細胞とは?

再生医療の中心的役割を担っているのが『幹細胞』です。
幹細胞は私たちの体のあらゆる細胞を生み出す元になる細胞です。
幹細胞には二つの能力があります。1つは自己複製能という全く同じ能力を持った細胞を作り出す力、もう1つは分化能という様々な細胞へ分化できる力です。
これにより病気やケガで組織がダメージを受けても、幹細胞が新たな細胞を生み出すことによって、その組織は再生すると考えられています。

幹細胞を用いる再生医療は、厚生労働省が認めた特定認定再生医療等委員会でその治療の妥当性・安全性・医師体制・細胞加工管理体制などが厳しく審査されます。そこで適切と認められれば厚生労働省に治療計画を提出でき、はじめて治療を行うことが可能となります。

当院では第二種再生医療に対し、特定認定再生医療等委員会の意見の元、再生医療等提供計画を厚生労働大臣に提出し2021年12月20日に計画番号を取得。当院における『自己脂肪由来間葉系幹細胞を用いたアトピー性皮膚炎の治療』の実施が許可されました。

●計画番号:PB4210016
『再生医療等提供機関一覧』(厚生労働省)

当クリニックの治療方法

幹細胞の中で実用化が最も進んでいるのが体性幹細胞です。その中でも注目されているのが『脂肪幹細胞』で創傷治癒・免疫調整・新生血管形成などがあげられ、様々な疾患治療への応用が期待され、幹細胞を使用する再生医療はかなり進化してきています。
当院では治療を受けられる患者様の脂肪組織を採取し、その幹細胞を培養します。その後、培養した幹細胞を点滴などによって体内に投与し、生体機能を飛躍的に向上させる治療を行います。幹細胞は増殖すると数多くの増殖因子や成長因子、コラーゲンなどを分泌します。そのため培養によって活性化した状態の幹細胞を体内に戻すことで、老化などによる健康や美容などの不調の改善が期待できるのです。

効果が期待される疾患

医学論文では当院で認可を受けた『アトピー性皮膚炎』のみならず、脳梗塞・糖尿病・肝硬変・虚血性心疾患・閉塞性動脈硬化症・慢性疼痛などに効果があったという報告があります。これは少なくとも静脈投与により、脳や肝臓、膵臓・血管など様々な部位に幹細胞が働きかけていることを示しています。

そのほか幹細胞治療の副産物として
・よく眠れるようになった
・イライラしにくくなった
・作業に集中できる時間が長くなった
・記憶力が良くなった
・疲れにくくなった
・視力の回復、老眼の改善
・肌のハリが良くなった。トーンが明るくなった
・白髪が黒くなった。髪の毛が増えた
・性機能の改善、性欲が出てきた
・歯周病が良くなった
などの報告もあります。

幹細胞治療の副作用

幹細胞治療は自己の細胞を用いた治療のため、副作用の心配はほとんどありません。 幹細胞治療では様々な部位に改善が期待できるとはいえ、現時点ではあらゆる全ての臓器に効果があるとは言えません。また癌化については現在のところ、様々な研究結果によりリスクはないと考えられています。治療には幹細胞の培養が必須となりますが、当院では信頼実績の高い施設と提携し、徹底した管理体制のもと培養を行っていきますので安心して受けて頂けます。

幹細胞治療の流れ

STEP 1. 医師によるカウンセリングと検診
・痛みを緩和させるため冷却します。
※特に痛みに弱い方には麻酔クリームを30分前に塗布します(有料)。
・採血等の事前検診を行い適格性を確認の後、脂肪採取へと移ります。
STEP 2. 脂肪の採取
・局所麻酔を行い主に腹部の皮下脂肪から組織を採取します。
・採取する脂肪の量は5mg程度です。
・脂肪採取後、1時間程度経過観察を行った後、ご帰宅いただきます。
STEP 3. 幹細胞の抽出・培養
・採取した脂肪組織から幹細胞を抽出し、4週~6週間かけて培養します。
・培養は厚生労働省認可の細胞培養加工施設で厳格な品質管理のもと細心の注意を払って行われます。
・幹細胞に対して無菌性試験を行います。
STEP 4. 幹細胞の投与
・投与に先立って医師が当日の健康状態を確認します。
・培養された幹細胞を静脈点滴により投与します。
・培養した幹細胞の一部を凍結保存し将来に備えます。
・点滴終了後、1時間程度経過観察を行った後、ご帰宅いただきます。
STEP 5. アフターフォロー
・幹細胞投与後も定期的に診察を行い、長期的に健康状態をチェックします。
・定期的に通院が困難な方には定期的なご連絡を差し上げることで経過観察を行う場合や、かかりつけ医とも連携し経過状況を共有させていただくことがあります。

自己脂肪由来幹細胞治療に関するご相談

こちらの治療に関しては個別にご案内いたします。
お問い合わせ・ご相談はお電話にてお寄せ下さい。

院長コメント

アトピー性皮膚炎は小児期に多いというイメージがあるアトピー性皮膚炎ですが、成人になってから症状が発症したり、小児から成人になっても症状が続くケースも多く成人でも比較的頻度の高い疾患です。赤み、色素沈着など皮膚の外見的な障害だけでなく強いかゆみにより睡眠、仕事、学業など生活のさまざまな部分に大きな苦痛、障害を与えます。しかし根治的な治療はいまだになく長年ステロイド外用剤や保湿薬の外用による治療が主体になっております。確かにこれらの治療は多くの場合有効であり皮膚炎の程度、発症部位に応じてステロイド外用薬を塗り分け、また適切な外用量、外用方法を行うことでかなりのアトピー性皮膚炎の症状はコントロール可能となります。しかし多忙な現代社会の中に一定期間しっかり外用すれば完全に治るというようなゴールがあればいいのですが慢性疾患であるため継続する必要があり理想の外用治療を継続してもらうことは容易でないこともいつも外来でよく経験しています。ただ近年になって生物学的製剤であるデュピルマブやJAK阻害薬などの新薬が続々と登場してアトピー性皮膚炎の病態理解も進歩してきています。そこで病態で重要な役割をしているのがIL-4,IL-13,IL-31などの2型サイトカインということがわかってきました。またアトピー性皮膚炎に対して自分の体の中に存在する間葉系幹細胞を体外で培養し細胞の数を増やしたのちに点滴によって体内に戻すという治療が有効であるという報告がなされてきています。点滴静脈注射された間葉系幹細胞は先ほどのIL-4やIL-13などの2型サイトカインの出現を抑え症状を改善すると考えられています。これまでの一般的な治療では効果を出すことが難しいとお考えの患者様を対象に考えていますのでご相談ください。

PRP(自己多血小板血漿)治療 (第三種再生医療)

不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液

幹細胞培養上清液とは

『幹細胞培養上清液』とは、体内に存在する歯髄・臍帯・骨髄・脂肪など間葉系幹細胞と分類される幹細胞を培養し、その培養液から幹細胞を取り出して滅菌等の各種処理を行った液体(上澄み液)のことを言います。その中には様々な生理活性物質(成長因子、サイトカイン、エクソソームなど)が豊富に含まれており、その数は500種類以上と言われております。生理活性物質は細胞の生成やエネルギーの産生にもかかわり、細胞の老化を防ぐとともに身体の各器官の機能を正常に調節するため、体内に取り入れることで健康と美容に対する効果が期待できます。また損傷した組織の修復や保護、臓器の再生まで幹細胞移植と同様の効果を得られることが大学を始めとする各所の研究からわかってきており再生医療分野において大いに期待されている治療法です。当院では乳歯の歯髄から抽出された『不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液』(特許取得)を使用します。

『幹細胞培養上清液』に含まれる主な成長因子

EGF(上皮増殖因子)
細胞の生まれ変わりを促進したり、新陳代謝を促進したりする働きをもっています。皮膚移植などでも注目されている成分です。

TGF-α、β(トランスフォーミング増殖因子)
肌の弾力に関わっているコラーゲンやエラスチンを強化したり、細胞の生まれ変わりを促したりします。

IGF(インシュリン増殖因子)
コラーゲンやエラスチンの産生を促すものです。脂肪燃焼効果ももっています。

PDGF(血小板由来増殖因子)
創傷治癒作用をもつ成長因子です。コラーゲンの合成を促進する働きもあります。

VEGF(血管内皮増殖因子)
細胞の生まれ変わりを促進したり血行を改善させます。
このような成長因子がもっている働きにより、さまざまな効果が発揮される仕組みになっています。

『ヒト歯髄』を選ぶ理由

●ヒト歯髄幹細胞を選ぶ
他の幹細胞より圧倒的に多くの成長因子/サイトカインの量と種類を含みます。

●成長期の幼児の脱落前乳歯を選ぶ
幹細胞にも老化があり衰えます。日々成長する幼児の生命力を秘めているため増殖するパワーが違います。

●チャンピオン幹細胞を選別、不老不死化する
数万に及ぶ幹細胞中、最も発言力の高い幹細胞を不老不死化することによって最強成分を半永久的に生み出します。

●同じ遺伝子を持つ幹細胞から発現する上清液であるため均質な成分
不死化技術(※世界初の国際特許技術)とは同一遺伝子を持つ幹細胞を培養し増やす技術です。厳選された幹細胞を不死化(無限培養化)することにより常に一定のクオリティーを持ちながら培養することに成功しました。

効果の期待できる症状

  • 冷え性気味
  • 睡眠不足が続いている
  • アルコールが翌日まで残りやすい
  • 疲れやすい
  • 大人ニキビを繰り返す
  • シワ、小ジワが気になる
  • たるみ毛穴が気になる
  • 肌のくすみを解消したい
院長コメント

当院では乳歯歯髄幹細胞由来の培養上清液を採用しております。幹細胞培養上清液はもともとヒトの体にある歯髄、骨髄、脂肪、臍帯などの幹細胞を培養した後に幹細胞を取り除き利用して作られますが細胞の種類により含まれる成分は異なります。そのなかで歯髄細胞は骨髄や脂肪の幹細胞よりも優れた再生能力を持つと考えられています。また当院で人気の血液から血小板を抽出するPRP療法も再生療法の1つですが歯髄幹細胞培養と比較するとサイトカインの量が少ないと考えています。損傷部位の修復を行いますので身体や肌が回復を求めている部位から改善されていきます。そのため定期的な治療により老化予防、薄毛治療、健康維持にもつながると期待されています。ただプラセンタと同様にこの治療を受けて以降の献血はできなくなりますので注意してください。幹細胞培養上清液がヒト由来の成分であり現在の方法では検出できないウイルスへの感染リスクを考慮しているためです。

『不死化ヒト由来歯髄幹細胞培養上清』注入方法・料金

点滴 1cc/回 88,000円(税込)
点滴にて投与することにより体内の幹細胞を活性化し修復機能を発揮させます。
間隔:3カ月に1回
所要時間:30分
水光注射 1cc/回 88,000円(税込)
お顔や首など気になる部分にダーマシャインによって均一に上清液を注入します。
間隔:3カ月に1回
U225 1cc/回 88,000円(税込)
頭皮にはU225を使って注入します。
間隔:3カ月に1回

その他の料金についてはこちら

美容施術の予約を取られる患者様のキャンセル・予約変更について
【不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液のご予約】

  • 不死化上清液は準備の都合上キャンセルができません。
  • 前払いになります。ご予約された日にお支払いいただきます。
  • 予約日時の変更のみ3日前までお受けすることができます。それ以降のご連絡の場合、ご返金には応じかねますのでご了承ください。
  • ご予約時間に遅れた場合は予約時間枠でできる範囲となります。途中で切り上げる場合もありますのでご了承ください。

その他、各施術の予約変更、キャンセルについては「キャンセルポリシー」のご確認をお願い申し上げます。

詳しくはこちら

ページトップへ

クリニック紹介

  • ドクター紹介
  • 院内紹介
  • アクセス方法
  • 採用情報

あおい皮フ科へのお問い合わせ

当日順番取りはこちら

午前 9:00~12:00(8:45~受付)
午後 15:30~19:00(15:15~受付)
◎は13:00まで診療
休診日/水曜・土曜午後・日曜・祝日

〒447-0076 愛知県碧南市白砂町3-27

〒447-0076 愛知県碧南市白砂町3-27

  • オンライン診療
  • エンビロンメンバーズサイトログイン

ページトップ