被角血管腫とは

高齢者に多い老人性血管腫の一種で、毛細血管の拡張と増加によって生じる良性の腫瘍です。
直径1~4mm程度の丘疹が陰嚢に多数発症します。陰嚢の他に、亀頭部、陰茎部、女性の大陰唇にも発症することがあり、加齢とともに数と大きさが増していきます。色調は赤紫色~黒赤色で病変の表面がカサカサして厚くなり、いぼのようになることもあります。ときにかゆみがあり、掻いたときにじわじわ出血することがあります。

病気の特徴

  • 毛細血管の拡張と増殖による疾患です。
  • 老人性変化の一種とされています。
  • 加齢とともに進行するが、悪性化することありません。
  • かゆみがでることがあります。
  • 掻くことで出血することがあります。

生活上の注意

  • 大出血することはありませんので心配はいりません。
  • 他の皮膚や他人にはうつりませんが、大きくなったり数は増えることがあります。
  • かゆみが気になるときは医師に相談して下さい。掻くと出血することがあります。
  • 入浴時は優しく洗いましょう。
  • 癌化することはありません。

被角血管腫の治療

レーザー治療
大きなものはロングパルスYAGレーザーを使用し、小さいものは炭酸ガスレーザーにて処置をします。

被角血管腫の症例

エクセルV1回 
エルビウム2回 

プライベートパーツのお悩みはなかなか相談しにくく、頑張って受診しても結果的には心配ないので経過観察と放置されることが多いかと思います。この病気はレーザーで十分治療可能な病気です。このようなお悩みにも自費治療ですが当院は希望されれば積極的に治療を行っております。遠慮なくご相談ください。

ドクターブログの『被角血管腫』