PRP療法とは

PRP(自己多血小板血漿)とは、自分の血液から血小板成分のみ採取して皮膚に注入する、新しい若返り治療です。
血小板から出現するさまざまな成長因子が、ヒルアロン酸やコラーゲンの産生を促し、肌の若返りを起こします。適切な濃度の血小板をいかに採取するかが効果的な治療を行う鍵となりますが、最適な濃度に調整したPRPを最適な温度や注入法で施術します。

採血後、遠心分離機で血小板のみを採取します。

採取した成長因子を最適な濃度に調整します。

気になる部位に医師が手打ちで注入していきます。

なぜ血小板で若返るの?

  • 血小板には多様な成長因子が含まれた顆粒が存在し、けがをした時などに、壊れた血管や細胞を治す役割を持っています。
  • 成長因子には体の細胞を元気にして若返らせる成分が含まれています。この力を利用して弱った細胞(シワやタルミの原因)に刺激を与え、元気にさせて肌に若返り効果が得ます。

血小板に含まれる成長因子

PDGF線維芽細胞に作用して血管壁のコラーゲン産生、基質のリモデリングを行う
TGF-β細胞外基質の増殖を促す
EGF血管新生の促進・皮膚上皮細胞の分裂・創傷治療の促進
VEGF血管内皮細胞の増殖や血管壁の修復
PD-ECDGF血管新生の促進

こんな方にオススメです

  • 肌の質感改善、若返りをしたい
  • 目の下のちりめんジワや小ジワが気になる
  • あごのシワが気になる
  • ニキビ跡が気になる
  • 目の下のたるみが気になる
  • 法令線が気になる

治療の流れ

  • 受診時
    1.洗顔・写真撮影
    2.診察
    3.説明・同意書記入・ご予約
  • 予約当日
    1.13時半ご自宅にて麻酔クリームを塗布し、予約時間(14時)に来院
    2.採血しPRP作成(20~30分程度)
    3.医師による施術
    4.術後の写真を撮影し終了です

PRP(自己多血小板血漿)療法の症例紹介

ボトックス(眉間)
PRP1cc注入(全顔)

症例2

HIFU+PRP1ccセット

症例3

PRP1cc注入(額・目の下)

PRPによるハンドベイン治療とは

ハンドベインとは手の甲や腕の血管が浮き出て視覚的に目立ってみる状態のことをいいます。基本的には病気ではありませんが、生活の中で人の目に触れる機会が多いため、人の目線が気になるという理由で治療を希望される方が多いです。
ハンドベイン治療とは、手や腕の美容的に問題となる浮き出た血管を目立たなくし、手元を美しく若返らせる治療です。当院では自己血液から抽出した成長因子(PRP)を手の甲全体にダイレクトに注入することで皮膚そのものを修復・再生します。
PRPを注入した手はコラーゲンやエラスチンといった皮膚組織が半年ほどかけてゆっくりと再生し、手がふっくらすることで細い血管が目立たなくなります。

こんな方にオススメです

  • 手の血管が気になって人前で手を出すのが嫌な方
  • 手の血管が目立つせいで老けて見える
  • 家族や友人に手の血管を指摘された

治療方法

マジックニードルという先の丸い針を使用することで、組織損傷を最大限に抑え、注入時の痛みを軽減できます。ご希望の方は麻酔クリーム(1本900円)を塗ることで痛みを感じにくくなります。

  • 内出血がみられることがありますが、1~2週間ほどで消失します。
  • 刺入部の腫れが生じることがありますが、1~2週間ほどで消失します。

ハンドベイン治療の症例

治療前

治療直後

治療後約1カ月

PRP(自己多血小板血漿)療法の料金

1cc77,000円(税込)
2cc143,000円(税込)
※ハンドベイン治療は片手にPRP1cc注入しますので、両手で143,000円(税込)となります。

注入後、一過性に赤みや内出血がでる場合がありますが、赤みは大抵の場合1~2日程度、内出血は5~7日程度で消失いたします。施術後は2週間から2ヶ月をかけて徐々に肌の張りが出てきて、小ジワが改善していきます。